meta name="keywords" content="マロウ株式会社,天然水,ミネラルウォーター,飲料水,プラスィーウォーター,ランタン,ランプ,LED"> ミネラルウォーター・エコ商品等の販売 マロウ株式会社

MAG CLUSTER

 

燃やさない焼却炉で、ダイオキシン排出量を大幅低減!磁力で廃棄物処理!


<マグクラスターの特徴>
● 強力な磁気のパワーで、有機廃棄物を処理します。
● 焼却ではないため、石油など化石燃料を一切使いません。
● CO2やダイオキシンの発生を大幅に削減します。
● 処理された有機廃棄物は、有益な磁粉体としてリサイクルされます。


MAG CLUSTER Photo

 

■有機廃棄物処理の優等生。


マグクラスターは、強力な磁力で焼却せずに有機物のゴミを400度以下で分解処理する画期的な廃棄物処理マシンです。一般の焼却炉では、800度以上となり、ダイオキシンなど有害物質が発生してしまいます。しかし、マグクラスターは、ゴミが投入された炉内は、強力な磁波の中で酸欠状態を維持させ、燃焼させずにゴミが磁気化したセラミック灰になります。

処理後に残された灰は、強力なマイナスイオンを帯びていますので、植物の生育促進剤、土壌改良剤などとして高い有用性が注目されています。もちろん無害ですので、排水などに廃棄しても問題がありません。

 

■取り扱いが簡単で安全。


有機物ゴミ(生ゴミ・塩ビ・プラスチックゴム)を無分別で処理することができます。つまりゴミであれば分別せずに、どんどんとマグクラスターに投入するだけでOK。ただし水分の多いゴミは炉内温度が低下してしまうのでさける必要があります。

とくに金属やガラスなど無機物は灰化せずに残り分別され簡単に取り出すことができます。さらに医療廃棄物や電子基板などといった樹脂と金属の組み合わさったゴミや、注射針が混入している医療廃棄物でもそのまま投入できます。

廃棄物投入から磁粉体になるまで、まったくの自動処理です。わずかに発生する煙などは、消煙・消臭装置により、ほとんど無煙無臭化し、さらに静音設計されていることから、都市部における24時間365日の稼働も安心してできます。

 

■許可申請など煩雑な手続きは不要。


マグクラスターの動力は画期的です。従来の焼却炉のように、灯油・重油・ガスなど一切使用しません。着火時と最低限の維持に電気をわずかに使用するだけです。これら化石燃料を使用しないことから、CO2やダイオキシンの発生を大幅に削減することで環境に優しく、自治体の設置許可などの届出・申請は必要ありません。

 

■結論!マグクラスターは有機廃棄物処理のトップ・マシン。


環境にやさしく、万能とも言える磁気有機廃棄物処理装置マグクラスターは、磁気を利用してゴミを低温でゆっくりと炭化させてゆきます。処理能力は2?廃棄物処理で約7時間を必要としますが、処理中に新たなゴミの投下が可能であり、24時間、常時稼動させることができます。消費電力は、消煙・消臭装置が付いていても5u処理装置で月5万円程度と驚くほどの低コスト。このようにマグクラスターは、安全・安心・効率的、そして省エネも圧倒的です。まさに廃棄物処理装置としてトップ・マシン、それがマグクラスターです。

 

<マグクラスターの構造>
マグクラスター内に投入された有機廃棄物は、すでに内部で発生している400度以下の熱量により、ゴミそのものが減量する。さらにゴミの水分が蒸発するなどゴミは乾燥してゆく。また酸素が流入しないためゴミは燃焼せず、炉内が高温になることはなく、ゴミは徐々に炭化してゆく。そして下記の磁力による作用でゴミは磁粉体となる。この処理で、ゴミ量は100分の1〜200分の1と劇的に減量される。最後に残されるのは、土壌改良剤など有益な磁粉体「セラミック灰」である。なお処理過程で発生するガスなどは、マグクラスターの上部に設置されている消煙・消臭装置により、ほとんど無煙無臭化される。ちなみにマグクラスターにはモーターなどの動力部が無く静音設計されている。


● 炉内で強力な磁気を発生させ、マイナスインオン化させます。
● 有機廃棄物の水分が、水素イオンと水酸イオンに分離される。
● 微量の電圧が発生する。
● プラスイオンは、電極のマイナスイオンに引かれ水素として放出される。
● プラスイオンは、水分と結合しヒドロキシルイオンを発生させる。
● ヒドロキシルイオンが磁場の中で増加し、間欠放電をする。
● 有機物中の炭素分子にヒドロキシルイオンが衝突し、熱が発生する。
● 熱分解が起こり、セラミック状の磁粉体が生成される。

 

<マグクラスターの装備>
● 本体(投入炉、磁気イオン発生器、調節バルブ)
● 消煙・消臭装置
● 油性分離装置

 

 

 

line up and spec